• HOME
  • 取り組み店舗事例/Q&A

取り組み店舗事例/Q&A

富山県某店舗「障がい者に働く場を提供したい!」

『障がい者就労支援事業』に取り組まれた背景は?

カフェのオープンと同時に企業向け宅配弁当事業をスタートいたしました。
立地条件に左右される待ちの経営スタイルであるカフェ事業だけでは、むしろ不安と感じていました。

初めて障がい者就労支援事業のお話しを聞いて、『儲かるビジネス』だと感じたのと同時に、『人手不足を解消』するビジネスであると思いました。
これまでシルバー人材の活用など、カフェ経営における人材不足への解決策は模索してきましたが、障がい者就労支援事業はまさに経営者と利用者のニーズがマッチしているとビジネスと思います。

また、親戚に障がい者がいることも情報収集するきっかけとなったと思います。

加盟検討段階で、不安だったことはありますか?

これまで、『新規営業』をやったことがなく、本当にお弁当の受注ができるか?不安でした。また、世の中にはたくさんのフランチャイズがあり本当にシミュレーションのような実績が自分たちでも作っていけるのか?など不安なことだらけだったと思います。
不安を抱える中で、試しに近隣の企業にポスティングでチラシを配布したのですが、初回で60個のお弁当の受注があり「確信」しました。

現在の『障がい者就労支援事業』の実績をお聞かせください。

2014年に開業しました。平均月商で約700万、経常利益は173万になります。一度お弁当を注文いただいた企業様の約80%は二回目以降も注文をしてくださり、多数の企業様から毎日ご注文をいただいています。

本部からのサポートについてお聞かせください。

まず、『障がい者就労支援事業』を取り組むにあたって私たちは全くノウハウがありませんでしたが、具体的な手順をサポートいただき大変スムーズにスタートできました。続いて、お弁当の新規開拓営業のための戦略から、具体的な営業トレーニングを行っていただき、本部からのスーパーバイザーが、一緒に営業同行をしてくださりました。また、単に営業指導だけでなく、毎月の売上や利益の管理までサポートをいただき、大変真摯に対応してくれています。

今後の展望について

利用者さんの一般就労率を高めていきたいと考えています。利用者さんの障がいの内容は様々ですが、仕事の内容によっては健常者の方より業務スピードが早かったり、一般就労への能力を十分身に着けた方もたくさんいらっしゃいます。はぐくみ弁当で、お仕事の経験と実績を積んで一般就労が可能な利用者さんをたくさん増やしていけたらよいなと思っています。

よくあるご質問

お弁当について

お弁って本当に売れるのですか?

はぐくみ弁当は、法人向け宅配弁当に特化したサービスを展開しています。
10年間で業界ナンバーワンに成長した実績の一つに、この新規営業ノウハウがあります。
徹底したエリアマーケティングと商品力を備えた営業で新規受注率はチェーン平均20%です。

飽きられませんか?

1200種類以上の豊富なメニューは、毎月増え続けています。
そのエリアの需要に応えたメニュー開発を、女性に人気のスーパーフードを使用し、日替わり弁当としてご提供しています。

調理経験がないのですが…

わかりやすいレシピ、研修がありますので調理経験のない方も安心して取り組めます。
加盟店スタッフの中に包丁を持ったことない方でも調理ができているという例もあります。

食材や包材は自分で調達しないといけないのですか?

全て本部から調達できます。
スケールメリットを活かし価格変動が少ないのも安心材料です。

障がい者就労支援事業について

資格を持っているスタッフは集まりますか?

独自の採用ノウハウがあり、採用サポートも行っています。

施設を利用してくれる「利用者」は集まりますか?

利用者数は年々増加傾向にあり、既存施設が足りていないのが現状です。利用者の集客ノウハウやサポート体制も整っています。

利用者さん達とうまくやっていけますか?

実際に見学をしていただくことで実感していただけます。戦力になる堅実な人材です。

資金調達はどうすればいいのですか?

資金調達のサポートもしておりますのでお気軽にご相談ください。

物件は自分で探すのですか?

物件を探す専門のスタッフがおります。サポートしますのでご安心してください。

PAGE TOP

    お気軽にご相談・お問い合わせください

    03-3560-7555

    受付:平日10:00~19:00

  • 資料請求
  • フランチャイズ説明会日程

Copyright © GLUG Co., Ltd.. All Rights Reserved.

ページの先頭へ